はじめての妊娠&出産のあれこれ ~助産師からのアドバイス~

早産と切迫早産

妊娠22週になってから37週に至る前に起こる分娩を早産といいます。

赤ちゃんが子宮の外でもなんとか育つことのできる22週を境に、それ以前は流産
以降を早産と区別しています。

通常なら胎内にいる期間を胎外で過ごすために、その状況によっては
専門的な治療や処置が必要になってきます。

早産になる主な原因として挙げられるのが、子宮内感染です。
子宮頚管や胎盤が細菌などに侵されると、子宮内に炎症が発生し、卵膜が破損したり
あるいは子宮収縮を起こす要因にもつながります。

そうなると母体は子宮内の環境が胎児には危険だと察知し、
少しでも早く胎外へ出そうとします。

その他に、多胎妊娠や子宮筋腫などで子宮がこれ以上大きくなりきれないときにも
早産として産まれることがあります。

また、早産しかかっているものの、安静と治療次第で妊娠継続が可能な場合もあります。
これを切迫早産といいます。

切迫早産を予防するには、切迫流産同様、横になって安静を保つことが大切です。
胎児を押し出そうとする子宮の収縮が始まっていたら、子宮収縮抑制剤の投与などで
収縮を抑えます。

早産が起こる症状は、基本的には普通の出産と同じ経過をたどりますが、
ただその経過の時期が早いということになります。
兆候としては、おなかの張り、出血、破水が生じます。

いずれにせよ、すぐに安静にし、医師に連絡を取るようにしてくだい。

参考までに、NST(ノンストレストテスト)という器具を使っておなかの張り具合を調べる方法が
あります。この器具を使って事前に切迫流産・切迫早産になりかけているかどいうかの
判断目安の一つにすることもできます。

流産・早産が気になると思われている方は、産科や助産院で相談してみてください。

早産と感じたら、すぐに安静にし、医師に連絡を!

あなたのストレス度は、どのくらい?

.。o○ .。o○ いつまでもオシャレなママでいたい!
○o。. ○o。. だいじなベビーを授かることができて、ママは幸せものです。
でも……ママだからって、着たい服が着れなくなるのはちょっと・・・

旬の流行から遠ざけられるも、淋しい^ ^;
かわいい服を着たママにだってなってみたい!
……そんなプレママの幸せなひと時を一緒に応援するために^^
  オシャレなマタニティ