はじめての妊娠&出産のあれこれ ~助産師からのアドバイス~

難産になりやすい人

よくお産で難産だったといわれる人を調べてみると、そのほとんどの人が
肥満体型になっています。

なぜ肥満になると難産になりやすいのか、それは体重が増え、体に脂肪がついてくると
その脂肪は子宮の膣にもついてきます。
そうなると、産道が狭くなって胎児が出にくくなるからです。

また、子宮自体にも当然、脂肪がつき、それにより子宮が収縮しにくくなります。
本来、子宮の収縮は子宮回りにある筋層部分により起こります。
しかし、その筋層部分にも収縮しない脂肪がついたことにより、その働きが悪くなるからです。

それと、これに関連して陣痛の起こりも弱くなってしまいます(これを微弱陣痛といいます)。

結果、胎児が子宮内から外へ出にくくなってしまいます。
これが難産になりやすい人の主な理由です。

では、難産を予防するにはどうすればよいか?

端的に言えば、妊娠中に必要以上の体重を増やさないことです。
妊娠中の体重増加は、10kgが目安とされており、1日500gの増加を理想としています。

一概には言えませんが、この数値以上に太ったなと思われたなら、
肥満傾向にあると考えた方がいいと思います。

もう一つ、ここで注意したのは、見た目が太っていないからといって油断しないでください。
肥満は見た目でわかる体外脂肪と、パッ見じゃわからない体内脂肪があります。

体内脂肪の場合、どれだけ脂肪がついているのか判断しにくいので、
一度、産科か助産院で内診してもらうのがよいでしょう。

内診は、たいてい膣の状況を触診で調べます。
その時、膣の内部が柔らかければ特に問題はないですが、
逆に硬かいと診断された場合、太り気味と思った方がよいでしょう。

これは、脂肪により膣内の弾力性がなくなっていることを表しています。
これを放っておくと、お産時において、子宮口の全開に時間がかかってしまい
難産になる傾向が強まります。

とにかく体外・体内どちらの脂肪がついたにせよ、子宮への影響はあるわけですから、
日頃からの体重管理は、入念にチェックする必要があります。

難産になりやすい人は、肥満の人に多い。

あなたのストレス度は、どのくらい?

.。o○ .。o○ いつまでもオシャレなママでいたい!
○o。. ○o。. だいじなベビーを授かることができて、ママは幸せものです。
でも……ママだからって、着たい服が着れなくなるのはちょっと・・・

旬の流行から遠ざけられるも、淋しい^ ^;
かわいい服を着たママにだってなってみたい!
……そんなプレママの幸せなひと時を一緒に応援するために^^
  オシャレなマタニティ