はじめての妊娠&出産のあれこれ ~助産師からのアドバイス~

出産施設の種類と特徴

総合病院

総合病院

診療科目がほとんど揃い、医療設備が整っています。

合併症のある妊婦には、他科との連携がスムーズなので、
緊急事態にすぐ対応できるというメリットがあります。

しかし、毎回、同じ医師が担当するとは限りません。
途中で医師が変わることもあります。

異常分娩を多く扱っていることもあり、個人の出産に関する要望に制限がある場合があります。

産院(産科専門病院)

産院(産科専門病院)

お産専門の病院です。
多くは小児科を併設しているので、生まれたばかりの
赤ちゃんに万が一のことをがおきても、すぐに小児科が
対処してくれます。

また退院後も通院できるというメリットがあります。
しかし、重い合併症が出産時に急変した場合は、
総合病院へ転院されることになります。

産婦人科診療所

産婦人科診療所

診療科目を産婦人科に限定している病院で、小児科を併設しているところもあります。

家庭的な温かさに包まれ、安心して出産にのぞめます。
しかし、合併症があったり、出産時に緊急事態がおこった
場合は、近くの総合病院へ転院されることになります。

どれだけ連携がとれているかが重要です。

助産院

助産院

助産師が開業している入院と出産の設備がある施設です。

助産師がマンツーマンで関わり、病院とは違う家庭的な
雰囲気の中でリラックスして出産にのぞめるというメリットが
あります。

個人の出産や育児に関する要望にも十分に対応してくれ、
産後の指導やケアも行き届いています。

何か異常がおこった場合は、提携している医師が診たり、近くの総合病院に転院されることになります。

あなたのストレス度は、どのくらい?

.。o○ .。o○ いつまでもオシャレなママでいたい!
○o。. ○o。. だいじなベビーを授かることができて、ママは幸せものです。
でも……ママだからって、着たい服が着れなくなるのはちょっと・・・

旬の流行から遠ざけられるも、淋しい^ ^;
かわいい服を着たママにだってなってみたい!
……そんなプレママの幸せなひと時を一緒に応援するために^^
  オシャレなマタニティ